最近増えてきているM&A【そのメリットを徹底解説】

ビル

ビジネススピードに対応

企業戦略の一つとしてM&Aを利用する機会が増加しています。ビジネススピードに対応することができるようにするためには、活用すべき手法になっています。メリットだけを追求すると失敗する想定もあることを忘れてはならないのです。

握手

戦略は買収後に走らせる

M&Aを事業の戦略として用いるケースは多くなっています。しかし本当の意味での戦略は買収後のプランに尽きます。売却後にメリットを出すためには、しっかりと買収会社のコントロールを行う事が求められるのです。

手法別の強みや企業戦略

女性

内容や長所および目標

吸収合併方式のM&Aは、企業の資産価値もしくは収益力の総合的な評価に基づき、合併比率を決めます。時価純資産、株式市価、収益還元による収益力の評価を基準に評価します。メリットは、経営資源が結合され、シナジー効果が期待できる点です。事業譲渡方式のM&Aは、個々の譲受資産の時価合計額を評価します。メリットは、譲り受けたい資産のみを取得できる可能性がある点です。資本参加方式のM&Aは、株式取得割合に応じて経営参加を行います。メリットは、経営権を完全獲得するより投資金額が少なくて済む点です。合併企業方式のM&Aによるメリットは、各々が必要な資源を提供し、限定された合弁期間に事業を行う点です。業務提携方式のM&Aによるメリットは、提携の度合いや内容などに柔軟性がある点です。企業は設立から現在に至るまでの歴史を踏まえ、企業理念に沿った将来のあるべき姿をビジョンとして持っています。そのビジョンを実現するために、企業は自己の強みや弱みを競合他社のそれと比較分析します。そして、強みを増強あるいは弱みを補強するような企業戦略の検討や策定が必要になります。その後、戦略目標を達成するためにM&Aが有効であるか否かを検討するのです。企業成長のために、経営資源を内部投資するか、M&Aをするかの比較検討は欠かせません。またM&Aを行うことによって、享受できる質的、量的メリットを具体的に数量化することも不可欠です。

メンズ

高値掴みを避ける

M&Aを行う際には、投資回収ができるか、そして収益を確保することができるのかを第一に考える必要があります。事業を拡大しても継続できなければ意味がないのです。そしてメリットを最大限に活かすには、購入金額の妥当性を考慮する必要があります。